義歯

ひとえに入れ歯といっても、たくさんの種類があります。
患者さまによって、向くもの向かないものがありますので、担当の歯科医師に何でも相談し、
しっかり話し合う事が最も適した入れ歯選びのポイントになります。

義歯

「保険診療」と「自費診療」いったいどこが違うの?

保険診療の場合

保険診療の場合

健康保険適用の入れ歯は、レジン床義歯アクリルレジン(プラスチック)で作られていて歯科用語で「レジン床義歯」と呼ばれています。
レジン床義歯は、最も普及している入れ歯ですが、プラスチック製ですので、強度を保つために厚くしたり、大きめに製作せざるを得ず、食べ物の熱さや冷たさが伝わりにくい構造になっています。
口の中で違和感をおぼえる人も多く、「汚れが付きやすい」「こわれやすい」などの難点もあります。
また、アクリルレジンよりも高弾性、高強度なポリカーボネートといわれるプラスチックを使って製作する「スルフォン床義歯」もあり、この2種類から選ぶ事ができます。

自費診療の場合

自費診療の場合

保険診療では、「レジン床義歯」「スルフォン床義歯」の2種類のみでしたが、自費診療の入れ歯は、たくさんの種類があります。
中でも代表的なのが「金属床義歯」「チタン床義歯」「アタッチメント義歯」があります。
保険の入れ歯はプラスチック製ですが、「金属床義歯」「チタン床義歯」は、その主要部分を金属にする事で、できるだけ薄く作れ、しかしも丈夫であるなどの利点があります。
また「アタッチメント義歯」は、入れ歯を装着する時に使われる留め金を一切使用せず、入れ歯を入れていると気づかれにくいのも特徴です。
磁石などを使って口の中にガッチリ装着できるため、食べている時も外れません。
このように自費診療の入れ歯には、様々な利点があります。

入れ歯選びのポイント

金属床義歯

うすく・軽く・丈夫で、衛生的。
食べ物もおいしく感じられて、金属床義歯は良いことがいっぱいです。

金属アレルギーにも配慮

金属床義歯に使われている金属は専用のコバルトクロム合金。
数々のテストで、金属アレルギーがほとんど出ないことがわかっています。
ご希望ならば、チタンでも作れます。

特徴

とっても薄い。とっても軽い。とっても丈夫。
熱が伝わりやすく、食べ物の食感を味わえる。
つまりご飯がおいしい!
吸湿性のある部分が少ないので、
匂いもつきにくい。

シルキーデンチャー

仕上がりが薄く、軽いです。
歯茎の部分にビニール系の素材を使っており、粘りがあり、しなやかで薄いです。
吸水性がほぼ無いために、汚れやにおいが着きにくく清潔です。
金属を使っていないため、金属アレルギーの方にも安心です。
壊れにくい入れ歯ですが、修理については症例により困難な場合があります。
修理の際に入れ歯を1週間くらいお預かりすることがあります。
化学反応で製作する訳ではないので敏感肌の方にも安心です。
症例により、金属パーツを併用する場合があります。

シルキーデンチャー

チタン床義歯

チタン床義歯はコバルトクロム義歯や金属床義歯に比較して、金属アレルギーになる確率がとても低く、強度と安定性をかねそなえた義歯といえます。

お問い合わせ

診療時間 日・祝
10:00~13:00
15:00~20:00
15:00~17:30

※水曜日は午後1:00まで、土曜日は午後5:30まで 
※休診日/木曜日・日曜日・祝日

お問い合わせはこちら

お急ぎの方はこちらにご連絡ください。

TEL:0466-45-8282

MAP