審美歯科

歯の色が黒ずんでいる、歯並びが悪いなど、そんな悩みにお応しております。
金属冠で笑うときらっと光ってしまい、大きく笑うのをためらってしまう。
そうした歯をセラミックで自然な白い歯に変えることによって解消します。

審美歯科
歯の黄ばみや歯茎の色でお悩みの方も、ホワイトニングなど適切な審美歯科治療がございます。
ケースバイケースで歯科の素材を選んでいただいております。

「保険診療」と「自費診療」いったいどこが違うの?

保険診療の場合

保険診療の場合

前歯は・・・歯科用語で「硬質レジン前装冠」と呼ばれているものが適用されます。
金属の土台に「レジン」という樹脂(プラスチック)を使用した材質で、仕上げられています。
樹脂は水分を吸収し、色も変色しやすく、耐久面でもあまり優れていません。
表向きは白く仕上げられますが、裏側は金属がむき出しになるのも特徴です。
また小臼歯は、同じ樹脂を使った「HJK」を適用する事もでき、これを使って歯を白くすることもできます。
奥歯は・・・歯科用語で「FCK」また「インレー」と呼ばれているものが適用されます。
俗にいう銀歯といわれるものがこれにあたります。
虫歯は治せますが、「白く自然に美しくする」という点ではかなりおとってしまいます。

自費診療の場合

自費診療の場合

自費診療で使われるさし歯は、「硬質レジン前装冠」や「HJK」で使われる樹脂より、ワンランク上の材質でつくりあげられています。
代表的なものをあげると、樹脂に「フィラー」と呼ばれるガラス繊維を混入して製作される「ハイブリットセラミックス」。
生態親和性(人体に害の少ない)が良い金属に、セラミックという陶材を使って仕上げられている「メタルボンドポーセレン」。
金属を一切使用せず、天然の歯の強度や、透明感を同じぐらいまで再現する事ができる「オールセラミックス」。
この3種類が、現在最も一般的なものです。
実は、保険診療の「銀歯」「硬質レジン前装冠」は日本独特の治療方法で、アメリカやヨーロッパでは「メタルボンドポーセレン」や「オールセラミックス」が一般的です。
「歯を白く美しくしたい!」と思われている方は、必ず望みどおりの治療方法が見つかりますので、お一人で悩まずお気軽にご相談ください。

自費診療では、このような治療をすることができます

ハイブリットセラミックス

ハイブリットセラミックス

ハイブリットセラミックスは、自然な透明感を演出し、噛み合う対合歯にも優しさを兼ねそろえた、新時代の修復歯です。
素材は樹脂(プラスチック)にフィラーと呼ばれるガラス系繊維が配合されています。
金属を使わないので、金属アレルギーをお持ちの方にも適しています。

ハイブリットセラミックスは、このような方に適しています。

  • 「銀歯」や「金歯」を、再び自然な白い歯にとり戻したい方
  • 金属アレルギーを、お持ちの方
  • 噛み合う対合歯に、できるだけ負担をかけず優しいものを選びたい方
オールセラミックス

オールセラミックス

オールセラミックスは、天然の歯のような美しさを持ち、
金属のフレームを作ることなく修復材として使用することができます。
セラミックスの大きな特徴は、治療後、自分の歯のような自然な美しさを実現することです。
口によくなじみ、歯ぐきにやさしく、金属アレルギーの方にも安心です。
あなたの美しい笑顔のために。

例えば、
「歯の色や形が気になる・・・」
オールセラミックスなら美しさや輝きを手に入れることはもちろん、歯の形を変えることも可能です。
「かぶせた冠と歯肉の間が黒くなってしまって・・・」
オールセラミックスは金属を使っていないので、歯と歯肉の隙間から金属が見えることがありません。
「お口の中の金属の冠が気になる・・・」
奥に入れた金属は意外と目立つものです。オールセラミックスなら笑顔に自信がもてます。

メタルボンド

高カラットの金属にセラミックスを焼きつけたメタルボンドセラミックスは、明るく自然な歯の色調を再現でき、前歯部や臼歯部に広く使用されています。
また、高カラット金属を使用しているので、セラミックスの美しさを損なわずに、強さと耐久力に優れ、歯と歯肉の境目に気になる変色がおこりません。

お問い合わせ

診療時間 日・祝
10:00~13:00
15:00~20:00
15:00~17:30

※水曜日は午後1:00まで、土曜日は午後5:30まで 
※休診日/木曜日・日曜日・祝日

お問い合わせはこちら

お急ぎの方はこちらにご連絡ください。

TEL:0466-45-8282

MAP